最近の記事

ブルーベリーとサプリ

サプリでブルーベリーを摂取する人が増えています。
この頃は、パンやスナック菓子にもブルーベリー味の商品が多くなっています。
アメリカなど海外では、イチゴやぶどうと同じように
フルーツとして食べる果物として気軽に食卓に並ぶそうです。

日本国内ではブルーベリーという名称は一般的ですが、
生の状態での輸入品は少ないことも手伝って、果物としての知名度はあまり高くはないようです。
ブルーベリーのジャムやゼリーなど、加工した商品が日本では多く見られるといいます。

ここ数年、体にいい食品としてブルーベリーが話題となり、
日本でもちょっとしたブームになっています。
お店によっては、青果売り場にいつも生のブルーベリーが置いてあることもあります。

ブルーベリーサプリも種類を増やしています。大手製薬メーカーをはじめ、
多くのメーカーが、ブルーベリーを主成分にしたサプリメント商品を製造販売しています。
ブルーベリーの健康食品は、どんどん売れ行きを伸ばしているようです。
サプリとしてブルーベリーの評価が高いのは、ブルーベリーは体に良く、
特に目にいいという点が求められているためです。

ヨーロッパでも、ブルーベリーは単なる果物としてではなく、
サプリに必要な成分として活用されているようです。
病院で処方される薬にもブルーベリー成分が使用されているそうです。
ブルーベリーの効果は実証済みなのです。
ブルーベリーサプリは、日本でもどんどん知名度を上げ、多くの人が買っていくでしょう。
posted by 目 at 00:00 | ブログ

ブルーベリーサプリの選び方

何を基準にブルーベリーサプリを決めればいいでしょうか選び方はあるのでしょうか。
ブルーベリーは身近な果物で、生のブルーベリーを販売しているスーパーも多いようです。
冷凍したブルーベリーを販売しているところもあり、保存性も良いものになりました。
ジャムは食パンにぬるだけではなく、ヨーグルトにかけたり、
ケーキに混ぜたり利用方法は様々です。

ブルーベリーは、可能な限りこまめに摂取していきたいものです
健康食品は薬では無いので即効性を期待してはいけません。
2〜3日でやめるのでは無く、毎日続けることが必要です。

加工した食品を摂取する時は、
ジャムのように砂糖が多いものは高カロリーの危険性があります。
ブルーベリーサプリであれば有効成分が濃縮されているので、
カロリーを気にする必要はありません。

サプリのいいところは、毎日手軽に有効成分の補充ができる点です。
色々なブルーベリーサプリが店頭に並んでいますので、
自分の使い方や体質に合うものを探すようにしましょう。

選ぶ時は、原材料や有効成分に注目してください。
アントシアニンやルテインを多く含む効果が期待できるサプリなど、体への効果は高いものだとされています。
ブルーベリーサプリを使う時は、使用上の用法や用量を厳守し、
過剰摂取にならないように注意をしましょう。
posted by 目 at 14:01 | 選び方

ブルーベリーに含まれるアントシアニンの効能、効果とサプリ

ブルーベリーに豊富に含まれているアントシアニンが、サプリで補給できます。
アントシアニンの効能や効果は、目の疲れを取ると言われており、
サプリとしても利用されています。

目の造りを把握することが、
疲れ目へのアントシアニンの効果を知る糸口になります。
網膜に存在するロドブシンという物質が、光をキャッチしています。
目を使いすぎると光を感知しづらくなるのは、
網膜のロドブシンが減ってしまうためだといいます。

目がショボショボする、かすむ、焦点がずれて見える等の状況は、
ロドブシンの減少が影響しているといいます。
アントシアニンは、網膜のロドブシンの合成を促し、
光への感度を元の状態に戻す成分です。

食事からアントシアニンを取り入れることが、目の回復を促します。
けれども、食事でブルーベリーを食べる機会は多くありませんし、
摂取量もどうしても少なくなりがちです。
サプリを上手に使うことで、アントシアニンを確実に体内に取り入れることができます。

アントシアニンは、目の疲労回復の他にも目の状態改善に効果的な成分です。
視界を広げる効果や、白内障の予防効果があることが、
近年の研究で解明されつつあります。
posted by 目 at 10:47 | 効果

ブルーベリーの効果とサプリ

ブルーベリーはどのような影響があるのでしょう。
目にいいと言われているサプリはいくつかあります。
ブルーベリーの目への影響が注目されるようになったのは、
イギリスのパイロットが普段からブルーベリーを摂取していたことだそうです。

ブルーベリーの大好きなパイロットが夜間の飛行でもよく見えるのは、
毎日ブルーベリージャムを欠かさず食べているからだとうわさになりました。
その後、ブルーベリーにたっぷり含まれているアントシアニンが
目の疲れに効果があることが証明され、
科学的にもブルーベリーが目にいいことが明らかになったというわけです。

このごろは、ブルーベリーサプリだけでなく多様なブルーベリー商品が販売されています。
目を使いすぎて肩が凝っているという人や、眼精疲労に悩まされがちな人、
夜の運転が機会が多い人などにアントシアニンは効果を発揮します。

アントシアニンが含まれるブルーベリーの成分を
飲んでから前よりも見やすくなったという話もあります。

ポリフェノールの摂取が、ブルーベリーからできるという点も大事なところです。
赤ワインやカカオにも含まれていることで有名なポリフェノールは、
酸化から体を守り、老化を食い止める作用があります。

未加工のブルーベリーをりんごやブドウのように果物扱いで摂取しても効果はありますが、
サプリは扱いが楽という点で優れています。
食べ貯めはできませんので、ブルーベリーの効果を得るには
日々決まった利用を飲むといいでしょう。

リーズナブルな価格で販売しているブルーベリーサプリも色々ありますので、
ぜひ活用してみてください。
posted by 目 at 21:02 | 効果